薬剤師/転職前に知るべき内科門前薬局の特徴と仕事内容

MENU

内科の門前薬局のポイント

  • 内科の門前薬局は一番多いので、就職しやすい薬局と言えます。
  • 内科を経験しておくと、次に転職する場合はまた就職しやすくなっています。
  • 興味のある科が無ければ、内科の門前薬局が無難かと思われます。

内科の門前薬局の仕事内容

ジェネリック医薬品の需要が増えている

 

調剤薬局の中では、さまざまな患者様と接する機会が多くなります。また、扱う薬も、バリエーションに富んだものになります。

 

高血圧に使うには、この薬とこの薬…と、決められていることがほとんどですが、患者様の病気の種類が多いため、薬局で扱う薬の数も膨大になります。近頃は、ジェネリック医薬品を希望する患者様も多く、ますます薬局の在庫は増えるばかりです。

 

お年寄りに価格の安いジェネリック医薬品の説明をして、ジェネリックに変更していただいたり、薬にあまり慣れていない方にもジェネリックの意味を理解していただくなど、ジェネリックの説明も増えることでしょう。

 

一包化の指示が多い

 

また、内科に多いお年寄りは、たくさん薬を飲んでいる場合も多く、一包化の指示が多いのも内科の特徴ではないでしょうか。

 

長期で処方されている場合など、一包化は時間がかかります。一包化をしたら、印字をしたり、飲みやすいように色を付けることも大切な仕事です。飲みにくくないか、患者様に確認して、どうすれば飲みやすくなるのか工夫していくとこも必要です。

 

処方せんを持ってくるお年寄りだけならば分担して薬を作成すればいいですが、施設の処方せんも扱っているような薬局ではずっと一包化の薬を作らなければなりません。

 

施設は、個人病院の内科と連携していることが多く、先生がお昼休み等に診察に行き、処方せんを発行することがあります。一度に何十枚と処方箋がくるため、施設の処方せんが届く日は大忙しになります。

 

設備によって変わる

 

最近の薬局では、オートメーション化が進み、一包化も機械ですべてできてしまう薬局もあるようです。

 

機械で薬が出来てきたとしても、最終的に監査をするのは薬剤師の仕事です。一包化を終えて、きちんとできているか監査をし、服薬指導をします。

 

飲み合わせが多いお年寄りに、薬が重複していないか確認することや、相互作用などを確かめることも重要な仕事の一つになります。

 

しかし、機械化が進んでいない薬局も多々ありますので、すべてが機械でできるわけではありません。一包化もすべて薬剤師が手作業でやる場合もあります。就職先の薬局がどの程度の設備を有しているのか確認してみるのもいいでしょう。

内科の門前薬局の特徴

個人病院で一番多いのは、内科ではないでしょうか?

 

風邪を引いたら、まずは内科に…という患者様も多いはずです。一番最初に患者様が行く科が内科だと思います。そのため、軽い風邪から、慢性的な高血圧、糖尿病までさまざまな患者様が薬局に訪れてきます。

 

近くに、糖尿病専門外来や、循環器科などがあればいいですが、そこまで病院が多くない地域ではほとんどの症状を内科で診察します。

 

特に、お年寄りは近場の内科ですべてを済ませてしまう方が多いです。ある程度、病気について知識がないといざというときに対応できません。幅広く知識を得ることが大切です。